乱視を治すと目の疲れもマシになる?

乱視を治すと目の疲れもマシになる?

乱視になると、目に映るものすべてがぼやけてしまいます。もちろん、そのぼやけの度合いは、乱視がどの程度のものなのかによって異なってきます。

 

目は、その奥にある網膜に光の刺激を受け、それを電子信号として脳に伝えることで「見る」ということを可能にしています。ぼやけの度合いが小さい場合には、脳である程度の修正が施され、鮮明なものとして見ることができるようです。

 

そのため、軽度の乱視であれば、わざわざ矯正して治す必要もなく、目に対する負担も少なくて済みます。
しかし、度合いが大きな乱視ですと、脳の画像処理能力が追い付かないため、視界にもぼやけが入りこんでしまいます。その場合には、矯正をする必要が出てきます。

 

というのも、脳は、視界の中にぼやけが入り込んでいると、その修正をするためピントの調整をするよう目に対し命令を出します。目はその指示に従い筋肉を動かし始めるわけですが、乱視が酷い場合にはその調整ができません。結局、目はできない調整を延々とこなそうとして、筋肉に負担がかかっている状態が常となってしまうのです。

 

これが、結果的に目の疲労に直結します。脳の処理だけでは追いつかないほどの乱視を持っていると目の疲労を解消することはできませんから、乱視の疑いがある方はすぐに病院へいくようにしましょう。

 

そうすることで、目の疲労や、その延長となる頭痛、肩・首のこりなども緩和されるのではないでしょうか。乱視を矯正するに際しては眼鏡やコンタクトの使用をすることになると思うので、メリットやデメリットを考慮して、自分に適したものを選ぶようにすると良いのではないでしょうか。