目の疲れと頭痛の関係

目の疲れと頭痛の関係

目の疲労によって起こる症状には肩コリや視界のかすみなどがありますが、頭痛もまたその内のひとつです。
例えば、長時間パソコンやスマートフォンで作業をしていたら頭痛が起きた、というケースなどもあります。恐らく、身に覚えのある方もいるのではないでしょうか。

 

また、単に頭痛と言っても二日酔いなどによる生体反応的なものや、慢性頭痛、症候性頭痛など、様々なものが、種類として挙げられます。

 

その中でも目の疲れによって起こる頭痛は、緊張型頭痛と呼ばれています。緊張型頭痛は、目の疲労に留まらず、首の疲れ、緊張、あるいは肩こりといったものが悪化することで起こる場合があります。

 

ときには、ストレスのような精神的な原因であったり、歯のかみ合わせによって見舞われることもあるようです。
締め付けられるような痛みが特徴です。

 

その締め付けられる感覚が後頭部を始めとし、まるで頭を包み込むように、側頭部へと広がっていくのです。
仮にこういった痛みに襲われれば、それだけでストレスにもなってしまいます。しかし、緊張型頭痛にはしっかしとした対策方法が存在するのです。

 

では、その方法を紹介していきます。そうは言っても、そんなにも大それたものでありません。目に疲労を感じていたり、頭痛に見舞われたりし場合には、充分な休息を取るにようにすればいいのです。

 

目を瞑ったり、姿勢をよくしたり、またはマッサージなど行いコリの解消や、身体の緊張などを解消すると良いでしょう。また、目に痛みがある場合には、縁内障発作になっている可能性が考えられます。そのため、少しでも不安な点に気が付いたら、見て見ぬふりはせず、ちゃんと医師の診断を受けるようにしましょう。